意外と知られていない「脱毛・除毛・抑毛」の違い

ムダ毛

ムダ毛のケアの方法は色々あるようで、調べていると「脱毛」「除毛」「抑毛」という言葉に出会うと思います。
全て毛のケアの方法ではあるのですが、同じようにも思えますよね?
抜いて、生えてこなくする方法と一括りに考えてしまうこの3つにはそれぞれ違いがあります。
では、この「脱毛」「除毛」「抑毛」の特徴やメリット・デメリットを調べてみましょう。

「脱毛」の意味と特徴・メリット・デメリットについて

脱毛とは、一般的にはレーザーや光を使った毛を抜く処理方法を意味します。
その特徴としては、毛根・毛母をメラニン色素に反応するエネルギーを使って破壊又は働きを弱める特徴があります。
医療脱毛でしたら永久脱毛が出来、サロン脱毛でも自己処理をしなくてもよくなる位、毛を細く産毛のように変えていけるメリットがあります。
医療脱毛は短期間で完了させる事が出来、サロン脱毛は更にコスパが良いというメリットもあります。
デメリットは、施術を受ける時のチクリという痛みや、医療脱毛でしたら費用が高いという事です。

「除毛」の意味と特徴・メリット・デメリットについて

除毛は、言葉の通り、毛を取り除くという事で、一時的の処理を意味します。
もちろん除毛をした時は、毛は無くなりますが、また毛は生えてくるので、ずっと処理はしなくてはいけないという特徴です。
除毛は手軽に出来るというメリットがあり、除毛クリームなどは市販で買う事が出来て、すぐにムダ毛の処理をしなければいけない!という時には効果があります。
エステなどに比べると安くで買えるというメリットもあります。
しかし、クリームを肌に直接付ける方法になるので、肌への刺激が強い場合は、皮膚が荒れてしまうなどのトラブルを引き起こす可能性がある事がデメリットになります。

「抑毛」の意味と特徴・メリット・デメリットについて

抑毛とは、毛を生えにくくする、発毛を抑制するという意味になります。
抑毛は主にローションなどが多く、肌や毛穴に浸透させるという特徴があります。
毛が濃くて悩んでいる人には、毛を薄くしていく効果があるものもあり、又は毛が細くなっていくメリットがあります。
除毛クリームと同様、サロンに通う額に比べると安くで購入する事が出来るので、気軽に抑毛をスタートさせる事が出来るのがメリットです。
しかし抑毛ローションだけでは、生えている毛への効果はありませんので、除毛クリームなどとの併用が必要になり、それだけではなかなか効果が発揮出来ないというデメリットがあります。

個人差があるので、マイペースに合った方法を探そう

これらの「脱毛」「除毛」「抑毛」にはもちろん個人差はあり、効果がある人、トラブルが起こってしまう人なども様々です。
だからこそ、焦らずに自分の肌質に合ったムダ毛の処理方法は知っておく必要があるので、「脱毛」「除毛」「抑毛」どれが合うのかを知った上でスタートさせるとよいでしょう。